パーマでくせ毛対策してイメージチェンジ

髪の長さを変えずにイメチェンする

髪の長さや色も、いつも同じで飽きてしまう・・・でも長さは変えたくないしどうしよう、ってことありますよね。

イメチェンは長さを変えなくても出来るもの。ヘアアクセサリーや色で、印象を変えられれば飽きもこず、ストレスなく髪を伸ばしておくことができます。

 

「ヘアアクセサリーを変える」

くせ毛対策のためにパーマをかけていたら、同じような髪型が長く続き、飽きてしまうってことがあります。

でも、毎日のスタイリングが面倒になるのもイヤだし、かといってマンネリになるのも・・・と悩みはつきません。

そんな時は、ヘアアクセサリーで工夫して、イメージチェンジするのがおすすめです。

いつもは髪を下ろしているなら、ハーフアップにしたり、一見ボブに見えるようにまとめるヘアアクセサリーもあります。

そういったものを使って、印象を変えていくと楽しいですね。

ゆるい三つ編みを片側に流したり、一部を編み込みしたりするだけでも印象は変わりますし、服装と合わせてドレッシーにしたり、ボーイッシュにしたり。そういうのが楽しめるのも、伸ばしかけの楽しみだったりします。

それに、まとめ髪は、実はくせっ毛の方がやりやすいんですよね。

直毛の人は、夜会巻きにするのも大変です。コームやかんざしを使って、ひとまとめにしただけでも大人っぽくて素敵なもの。

安い値段で買えて、アレンジの効くヘアアクセサリーはたくさん売られていますから、そういったものも楽しめるといいですね。

 

「色を変える」

これは出来る人と出来ない人がいますが、色を変えると印象もだいぶ変わります。

職場や学校の規定で変えられない、という人もいると思いますが、制限がないなら、ヘアカラーで気分を変えるのもいいものです。

少しだけ脱色して、ピンクやオレンジを加えてアッシュカラーにするとか、地毛が明るいならグリーンを入れて真っ黒に近くするとか。

顔つきや好きなファッションとのバランスも考えて、今まではやっていなかった色を入れてみるのもいいと思います。

シャンプーすれば落ちる、一時的なヘアカラーもありますから、そういったもので短期間色を変えるのも気分転換になりますよ。

便利なのは、ヘアチョークでしょうか。

ヘアチョークはたくさんの色があり、シャンプーで落とすことができます。通常は髪の色に使わない、ブルーやシルバーなどの色もあり、非日常的なスタイルを作ることができます。

同じように一時的に色がつく、カラーワックスもあります。こちらはいろいろなタイプがあり、うっすら色がのるものから、はっきりとした発色になるものまでさまざま。

一般的には、ヘアチョークよりヘアワックスの方が色がハッキリ出て、落とすのも大変みたいですね。

ただ、あまりにもハッキリした色で染めてしまうと、異性からは敬遠されることが多いようなので、その点は注意が必要です。

髪全体を染めるのでなくても、メッシュを入れたり、一部だけ色をつけてみる、なども楽しめるといいと思います。

 

メニュー

髪の長さを変えずにイメチェンする

くせ毛を隠せるパーマの種類は

ショートヘア

スタイリング

お手入れ

原因

前髪

白髪

対策

Copyright (C) パーマでくせ毛対策してイメージチェンジ All Rights Reserved